会社紹介 COMPANY

→ 会社案内

工場紹介

ダイオーズ東京PDセンター

コーヒーの自社焙煎から物流まで。ダイオーズの飲料サービスを支える工場、「ダイオーズ東京PDセンター」を紹介します。

ダイオーズ東京PDセンター

コーヒーの味は焙煎で決まります

ブレンドごとに異なる焙煎時間は、厳密にシステム管理されていますが、焙煎完了の最終的な判断は、豆の水分量やその日の湿度による微妙な影響を見ながら、熟練の担当者がその目で豆色をチェックして決定しています。

そして自社工場ならではの新商品開発

事業所向けトータルサービスのダイオーズは、日々お客様に対面し、お客様の要望や嗜好の変化などに直接触れています。そうしたお客様の声を、新しい商品開発に直接活かせる、工場とのスムーズな連携が出来ています。

ダイオーズ コーヒーサービスを支えるベース

焙煎からパッケージ、梱包、配送までの迅速なフロー。自社焙煎にこだわったダイオーズ独自のサービスのカタチは、ここ「東京PDセンター」で支えられています。

品質マネジメントの国際規格「ISO9001:2015」を取得

品質マネジメントの国際規格「ISO9001:2015」を取得

ISO9001とは、ISO(国際標準化機構)が定めた、安定した品質の製品やサービスを提供し、お客様の満足度を高めることを目指した品質運営管理の仕組みです。「東京PDセンター」では、この基準を遵守し、徹底した衛生管理のもと安全な製品を供給しています。

PW首都圏第2工場

食品安全のためのトップクラスの国際標準規格「ISO22000」をダイオーズPW首都圏第2工場が取得しました!
安心のピュアウォーターを生産し、ダイオーズの飲料サービスを支える工場、「PW首都圏第2工場」を紹介します。

PW首都圏第2工場

最新のピュアウォーター製造工場

ダイオーズは、増え続けるピュアウォーター需要に対応するため、ピュアウォーターの製造工場を全国展開しています。ここ「PW首都圏第2工場」は、アームロボットが活躍する最新のシステムを誇っています。
検査を通過した回収ボトルは、徹底洗浄を経て、厳しい衛生管理のもと製造されたピュアウォーターが充填されます。最終検査を経たピュアウォーターボトルは全国の販売店へ、そしてルートマンによってお客様のオフィスに届けられていきます。

食品安全マネジメントシステムの国際規格「ISO22000:2005」を取得

食品安全マネジメントシステムの国際規格「ISO22000:2005」を取得

ISO22000とは、ISO(国際標準化機構)が定めた、HACCPの食品衛生管理手法をもとに、消費者への安全な食品提供を可能にする食品安全マネジメントシステム(FSMS)の国際規格です。「PW首都圏第2工場」では、この基準を遵守し、徹底した衛生管理のもと安全な製品を供給しています。

東京都食品衛生自主管理認証を取得

東京都食品衛生自主管理認証を取得

東京都食品衛生自主管理認証制度実施要綱の規定に基づく認証基準に合致、東京都食品衛生マイスター(食品衛生管理認証)に認定されました。

環境第1工場

ダイオーズは、マットやモップなどのクリーニングも自社工場で行っています。

環境第1工場

各地から送られてきた使用済みマットやモップを一括処理

お客様のオフィスの汚れを吸い取ったマットやモップは、ここ「環境第1工場」に送られてきます。最新の設備によって「洗濯」→「乾燥」→「物流」までが一括で行われます。出荷前の検品では、人の目と手による厳密な品質チェックをしています。生まれ変わったマットやモップは、再びお客様先で活躍します。

最新の「排水浄化設備」

工場から出る汚水は、最新の排水浄化設備により、環境への配慮も万全の工場です。

Copyright (C) Daiohs Corporation. All Rights Reserved

TOP
お問い合わせ CONTACT フリーダイヤル 0120-02-3456